2016年9月19日月曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第九回 9月11日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第九回 9月11日(日)



タイトル 感想
1時限 クライアントの必要性と現状
rinnさん

 長尾先生はエネルギーが感じられるので、それにより自分がちゃんと導管になれていることが分かったので、よかったです。

 まだ、ヒーリングの順番が全然分かっていません。次回がもう最後なので、覚えられるように頑張ります。



オレンジ色さん

・クライアントの必要性と現状

 現代がどんどんスピード化し、生活しづらくなり、人間らしい感情を持っている余裕が無くなってきていることを感じています。だからこそ、ヒーリングが必要なのだということを痛感しました。

・気とヒーリングの違い

 生命のエネルギーについて具体的なお話で私には解りやすかったです。

・ヒーリングデモンストレーション

 「ありがとうございます」不安で仕方がない私にデモさせて下さり、エネルギーが流れていると仰って頂けました。"自身を持てるように"とのこと、感謝です。

・ベーシックの練習

 少しだけ方法は分かったけれど、大切なことは光を通す道具になりきることです。ヒーリングをしている最中に不安が出てきた時「大丈夫」と声が胸の中に湧き上がり、泣きそうになりました。(でもヒーリング中なので泣きませんでした。)



N.Nさん

・長尾先生のパワフルさに元気がでました。

・今日の実習で少し自信ができました。



ゆうこりんさん

<1>クライアントの必要性と現状

 健康増進や経済の負担にもヒーリングは重要な位置を占めていると思うので、自らもヒーリングを日々とり入れ、広めていきたいと思いました。

<2>長尾先生

 長尾先生からは元気を頂きました。

 藤岡先生にヒーリングして頂いた前後で、顔の表情が変化していたことが印象的でした。ヒーリングの後での何とも穏やかでさわやかでした。

<3>実習

 練習あるのみですね。ありがとうございました。



Y.Wさん

1時限目:

 科学の進歩は、「スピードの向上」を伴うが過度になると生命の危険が増すとのこと。必要以上に速さにこだわることはないと思う。

2~3時限:

 長尾先生の講義は、爆笑の連続でした。ご自身の仕事について確信を持ってお話頂き、あっという間に時間が過ぎました。

4時限目:

 やはり、ヒーリングの実習は難しいです。頑張ります。


写真




2時限 気とヒーリングの違い
写真









3時限 ヒーリングデモンストレーション
写真





4時限 SOUベーシック 実習2
写真



ヒーラー養成講座2016 第13期生 第八回 8月28日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第八回 8月28日(日)



タイトル 感想
1時限 イニシエーション
rinnさん

イニシエーションで、苦しみは分かっていると伝えられて、思わず涙が流れました。そして他者に天のエネルギーを分けるように伝えられ、ヒーリング技術をしっかり覚えなければと思いました。
自分自身に「人の手伝いをしたいかどうか」という問いかけは、ヒーラーになる覚悟が出来ているかどうか聞かれているように思いました。



オレンジ色さん

〈イニシエーション〉
神からの言葉をもらい、これからの生き方が変化していくのだろうと感じた。
「こんな私なのに……」知らないうちに涙がこぼれていた。


N.Nさん

イニシエーション感動しました。
私のことを、分かって下さっている天の存在と共に人生を歩んでいきたいと思います。



ゆうこりんさん

本日も様々な学びをありがとうございました。
「イニシエーション」では、安藤先生を通してのお言葉と共に、白と紫色のオーロラのような光りと天使の羽のような、やわらかいものを受け取らせて頂きました。
「ヒーラーとして生きる」では、やはり日常の自分自身の生活を丁寧に送り、もし身近な人(家族や友人など)を大切に、そして何より自分自身を知ることによって、自分自身を愛していこうと思いました。
「ヒーリングと人生」では、お二人の貴重な体験談を伺い、この世は「エネルギー」で出来ている、ということと「謙虚でいること」という「気づき」が自分にも身をもって分かるようになれたらいいなぁ、と思いました。
「ベーシック実習」では、練習あるのみ!!と思いました。そして何より、愛をもってお役に立つように自分に誓うこと。
ありがとうございました。



Y.Wさん

1時限目:イニシエーション
天の父からのメッセージを頂きました。「導いていくから安心しなさい」というお言葉に涙がこぼれました。
2時限目:ヒーラーとして生きる
先生の経験に則っての講義でした。「自分を愛すること」がスタートであるとのこと、「自分を愛する」ことは「自分を知ること」と同じであり、それは、努力、忍耐、意思が必要であると知りました。難しいことと思います。
3時限目:ヒーリングと人生
ヒーラーとしての経験から意義深いお話を伺いました。人間関係もエネルギー的視点から捉えると理解できるとのことでした。納得できました。
4時限目:実習
ヒーリングの手順、難しいです!!覚えるのに時間がかかりそうで、心配です。


写真




2時限 ヒーラーとして生きる
写真






3時限 ヒーリングと人生 - 学びと歓び
写真




4時限 SOUベーシック 実習1
写真


2016年8月6日土曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第七回 7月31日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第七回 7月31日(日)



タイトル 感想
1時限 エネルギーと意識的存在
rinnさん
人を助けたいと思う気持ち、そして謙虚な気持ちが大切だと思いました。
ヒーリングをする前の準備、終わった後の覚醒は細かい手順があって、しかしどれ一つ抜かしてはいけない重要なもので、これから時間をかけてしっかりと身体に覚えさせていこうと思いました。


オレンジ色さん
(第一時限)安藤先生
生命ある限り、地球人(人間)としてできることは、人を助けたり誰かの力になりたいという、愛の心を自分の中で育てていくことだと教えられました。そういう思いで生きている限り、天からの助けが必ず100%あることが解りました。動機の大切さです。純粋になりきることの難しさはあるものの、それすらも一生懸命に誰かの役に立ったり助けたいという思いを祈るようにして抱いていれば、天からのサポートが入るのではないかと感じました。
(第二時限)熊谷先生
ヒーラーとしての体験などを伺いました。自分の感じたことや思いを自信をもって明確にされることで、迷うことなく前進したいという思いになりました。今何かが見えるかどうかはどうでもよい。いつか見えたりするようになるし、今本気でヒーラーになりたいという思いを持って過ごすことが大切なのだと思った。本気な思いには必ずサポートが入り道を示して頂けることを話して頂き、励まされた。
(第三時限)藤岡豊先生
実習は大変難しいと思った。技術として身につけるのは必要なことですが、相手の方をお助けしたいという思いをきちんと自覚を持って、実習したことを身につけなければならないと思いました。


N.Nさん
・卒業生でヒーラーになった方の話が聞けてよかったです。
・実習はできるか不安ですが、頑張りたいと思います。


ゆうこりんさん
<安藤先生>
①「純粋に」役立とうとする気持ちを持てば、怖がることはない、ということ。
②寛大・寛容であること。
以上①②を心に留めておきたいと思います。
<熊谷先生>
いろんなご苦労をなさっている中で、先生自身の霊性が高貴になっていかれる人生の流れを感じることができるお話を伺うことができて、感謝致します。また、謙虚でいらっしゃるお姿にも感銘を受けました。ありがとうございました。
<ベーシック実践>
基礎的なベースラインを着実に身につけるためには、やはり何度も自習して繰り返していくことなんだと思いました。
ヒーリーの方のためであることを忘れずに。
今日もありがとうございました。


Y.Wさん
ヒーリングの実技はとにかく難しく、果たして自分にできるのかどうか不安でたまりません。練習あるのみと思います。

写真




2時限 非物理的存在 私が出会う意識体
写真





3時限 SOUベーシック 準備と実践
写真




4時限 SOUベーシック 準備と実践
写真


2016年7月31日日曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第六回 7月24日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第六回 7月24日(日)



タイトル 感想
1時限 病気の原因とエネルギー体
Rinnさん
病気の原因は症状が重いほど深い原因があるように思った。
カウンセリングは、人に話すだけですっきりする場合もあると思った。
なかなか、ガイドとはつながれないが、空気の動きで存在を伝えてくれたのかと思う。
見えないし聞こえない私は、ただ他人の為に動くのみ。今はそう思っています。




オレンジ色さん
①(病気の原因)
自分に起こることの全ては、自分の魂が自分がしてきたことに対して行っていること。成長の為に自分で望んでいることなのだということに対して、うなづける。(具体的な体験を充分にしたわけではないが)又安心した。辛いことも自分で選んだと思うと気持ちが落ち着いた。

②③(カウンセリング)
人の話をしっかりと聴くことの大切さが、聞いてもらうことでよく分かった。ほんの15分間でもじっと聴いてもらい、アドバイス(してもらわない方が更に良かったが)に対して、反論した時もさっとひっこめられてホッとした。自分の言いたいこと価値判断をきっちりとしまって人の話を聞くことができるようになりたい。充分に話したところから、安心して"気づき"へと進んでいけるのではないだろうか。

④(ハイアーセルフとガイド)
驚きの体験。身体と命は別のものであるという感じを受けました。実感として残る体験ができましたし、安藤先生の最後のお話を心に留めておきたいと思った。




N.Nさん
・カウンセリングについて詳しく知る事ができて、良ったです。
・精神疾患に関心があったので知る事ができて良かったです。
・安藤先生の誘導瞑想でガイドのアドバイスをもらえて良かったです。




ゆうこりんさん
1、病気の原因とエネルギー体
 現代の病気が「人間はエネルギー体である」ということを認識できずに社会が成り立っているところに、病気の根本があるのではないか?という提言は、まさしくそう感じますし、けれど気付いている人の方が少ない、という点でスピリチュアルを正しく知る必要性を感じました。
 安藤先生が言われていましたように「愛に中心を置く」という言葉を大切にしていきたいです。
 ほとんどの病気は前世でも行いから来るものをしている中、認知症の発症については、「もう生きるのを終わりにしたい」との考えから来るものなのかもしれない。ということは驚きでした。

2、カウンセリング講座
 傾聴の難しさ、話すことの大切さを知りました。

3、誘導瞑想
 このままでいいんだよって言って下さったような穏やかな気持ちになりました。




Y.Wさん
1、「病気の原因を知る」
 人間がエネルギー的存在であることを無視してきたことにより、肉体的な病気を招くということは、逆に言うと、人間がそのような存在であると意識することが、病気を遠ざけるきっかけになるのではないかと思った。

2、「カウンセリングの基本」
 他者の抱えている悩みを「聴く」のは、とても忍耐の必要なことで、カウンセラーにも相当なストレスがかかると感じた。

3、「ハイアーセルフとガイド」
 「ここ(ヒーラー養成講座)に導かれたのはなぜですか」との問いに対する答えは「使命」とのこと。改めて真摯に学びたいと思いました。



写真




2時限 ヒーリングの導入 カウンセリングの基本1
写真




3時限 ヒーリングの導入 カウンセリングの基本2
写真




4時限 ハイヤーセルフとガイド 誘導瞑想
写真