2016年8月6日土曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第七回 7月31日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第七回 7月31日(日)



タイトル 感想
1時限 エネルギーと意識的存在
rinnさん
人を助けたいと思う気持ち、そして謙虚な気持ちが大切だと思いました。
ヒーリングをする前の準備、終わった後の覚醒は細かい手順があって、しかしどれ一つ抜かしてはいけない重要なもので、これから時間をかけてしっかりと身体に覚えさせていこうと思いました。


オレンジ色さん
(第一時限)安藤先生
生命ある限り、地球人(人間)としてできることは、人を助けたり誰かの力になりたいという、愛の心を自分の中で育てていくことだと教えられました。そういう思いで生きている限り、天からの助けが必ず100%あることが解りました。動機の大切さです。純粋になりきることの難しさはあるものの、それすらも一生懸命に誰かの役に立ったり助けたいという思いを祈るようにして抱いていれば、天からのサポートが入るのではないかと感じました。
(第二時限)熊谷先生
ヒーラーとしての体験などを伺いました。自分の感じたことや思いを自信をもって明確にされることで、迷うことなく前進したいという思いになりました。今何かが見えるかどうかはどうでもよい。いつか見えたりするようになるし、今本気でヒーラーになりたいという思いを持って過ごすことが大切なのだと思った。本気な思いには必ずサポートが入り道を示して頂けることを話して頂き、励まされた。
(第三時限)藤岡豊先生
実習は大変難しいと思った。技術として身につけるのは必要なことですが、相手の方をお助けしたいという思いをきちんと自覚を持って、実習したことを身につけなければならないと思いました。


N.Nさん
・卒業生でヒーラーになった方の話が聞けてよかったです。
・実習はできるか不安ですが、頑張りたいと思います。


ゆうこりんさん
<安藤先生>
①「純粋に」役立とうとする気持ちを持てば、怖がることはない、ということ。
②寛大・寛容であること。
以上①②を心に留めておきたいと思います。
<熊谷先生>
いろんなご苦労をなさっている中で、先生自身の霊性が高貴になっていかれる人生の流れを感じることができるお話を伺うことができて、感謝致します。また、謙虚でいらっしゃるお姿にも感銘を受けました。ありがとうございました。
<ベーシック実践>
基礎的なベースラインを着実に身につけるためには、やはり何度も自習して繰り返していくことなんだと思いました。
ヒーリーの方のためであることを忘れずに。
今日もありがとうございました。


Y.Wさん
ヒーリングの実技はとにかく難しく、果たして自分にできるのかどうか不安でたまりません。練習あるのみと思います。

写真




2時限 非物理的存在 私が出会う意識体
写真





3時限 SOUベーシック 準備と実践
写真




4時限 SOUベーシック 準備と実践
写真


2016年7月31日日曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第六回 7月24日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第六回 7月24日(日)



タイトル 感想
1時限 病気の原因とエネルギー体
Rinnさん
病気の原因は症状が重いほど深い原因があるように思った。
カウンセリングは、人に話すだけですっきりする場合もあると思った。
なかなか、ガイドとはつながれないが、空気の動きで存在を伝えてくれたのかと思う。
見えないし聞こえない私は、ただ他人の為に動くのみ。今はそう思っています。




オレンジ色さん
①(病気の原因)
自分に起こることの全ては、自分の魂が自分がしてきたことに対して行っていること。成長の為に自分で望んでいることなのだということに対して、うなづける。(具体的な体験を充分にしたわけではないが)又安心した。辛いことも自分で選んだと思うと気持ちが落ち着いた。

②③(カウンセリング)
人の話をしっかりと聴くことの大切さが、聞いてもらうことでよく分かった。ほんの15分間でもじっと聴いてもらい、アドバイス(してもらわない方が更に良かったが)に対して、反論した時もさっとひっこめられてホッとした。自分の言いたいこと価値判断をきっちりとしまって人の話を聞くことができるようになりたい。充分に話したところから、安心して"気づき"へと進んでいけるのではないだろうか。

④(ハイアーセルフとガイド)
驚きの体験。身体と命は別のものであるという感じを受けました。実感として残る体験ができましたし、安藤先生の最後のお話を心に留めておきたいと思った。




N.Nさん
・カウンセリングについて詳しく知る事ができて、良ったです。
・精神疾患に関心があったので知る事ができて良かったです。
・安藤先生の誘導瞑想でガイドのアドバイスをもらえて良かったです。




ゆうこりんさん
1、病気の原因とエネルギー体
 現代の病気が「人間はエネルギー体である」ということを認識できずに社会が成り立っているところに、病気の根本があるのではないか?という提言は、まさしくそう感じますし、けれど気付いている人の方が少ない、という点でスピリチュアルを正しく知る必要性を感じました。
 安藤先生が言われていましたように「愛に中心を置く」という言葉を大切にしていきたいです。
 ほとんどの病気は前世でも行いから来るものをしている中、認知症の発症については、「もう生きるのを終わりにしたい」との考えから来るものなのかもしれない。ということは驚きでした。

2、カウンセリング講座
 傾聴の難しさ、話すことの大切さを知りました。

3、誘導瞑想
 このままでいいんだよって言って下さったような穏やかな気持ちになりました。




Y.Wさん
1、「病気の原因を知る」
 人間がエネルギー的存在であることを無視してきたことにより、肉体的な病気を招くということは、逆に言うと、人間がそのような存在であると意識することが、病気を遠ざけるきっかけになるのではないかと思った。

2、「カウンセリングの基本」
 他者の抱えている悩みを「聴く」のは、とても忍耐の必要なことで、カウンセラーにも相当なストレスがかかると感じた。

3、「ハイアーセルフとガイド」
 「ここ(ヒーラー養成講座)に導かれたのはなぜですか」との問いに対する答えは「使命」とのこと。改めて真摯に学びたいと思いました。



写真




2時限 ヒーリングの導入 カウンセリングの基本1
写真




3時限 ヒーリングの導入 カウンセリングの基本2
写真




4時限 ハイヤーセルフとガイド 誘導瞑想
写真


2016年7月24日日曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第五回 7月10日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第五回 7月10日(日)



タイトル 感想
1時限 セルフケアとヒーラーの倫理
rinnさん
ヒーリングをさせて頂くことで、自分の中のきたない部分が浄化されて、自分がキレイになっていくことは、ありがたいことだと思いました。
自分の持つ波長の高さまでしか受け取れないので、努力して自分の波長を上げないといけないと思いました。
やはりセパレーションのイメージが上手く出来ていない気がします

オレンジ色さん
今日はヒーラーとしての自分についての学びの日でした。
ヒーラーと言うと"癒しの人"というイメージを持っています。しかし、人間が人間にする癒しとは違い、自分は完全に愛を流す道具になることがヒーラー には求められていることが解り、厳しさを強く感じました。一寸のごまかしもあってはならない仕事だと思いました。しかし、恐れる必要はないのです。誠実にヒーリングをしていれば、父から愛が流れてくるのですから。
今日一日、自分にヒーラーが勤まるのかどうか、資格があるのかどうか、努力が足りていないなあ...又一番大切な感じる力がほとんど無いし…まあ、不安な気持ちを重ねに重ねました。
最後のスキャニングも難しかったです。
「生きてきた目的」について何度かお話がありますが、自分の生まれてきた目的は何だろうなあと考えてしまいます。

N.Nさん
ヒーラーになるには、ある意味での覚悟が必要だと感じました。

ゆうこりんさん
セルフケアと倫理について
ー大切な言葉を教えて頂きました。ー
「愛でもって自分がやるべきことを知る」
「思いやりは大切に」
「判断をしたり、コントロールしない」
「純粋なチャネルになれたかどうか」
「チャネルであるから、落ち込む必要はない」
「自分の個という左脳を捨てる。右脳を通してソースとつながり、Healingさせて頂いている。という気持ち」
以上、その他にもいろいろありますが、大切に心にとめておきたいと思いました。
今日も御指導頂きまして、ありがとうございました。

Y.Wさん
・ヒーラーの倫理とは、クライアントに対する守秘義務はもとより、「道具」に徹することではないかと思う。
・チャクラスキャン、オーラスキャンに続き、フィジカルスキャンの実習を行なったが、この中でフィジカルスキャンが一番難しく感じた。
手の形、動かし方でエネルギーの通り方が違ってしまうとのこと、正確に手順を把握したいと思う。



写真



2時限 ヒーラーの罹りやすい症状
写真




3時限 ヒーラーの心構え 自己責任
写真




4時限 スキャニング3フィジカルスキャン
写真


2016年7月10日日曜日

ヒーラー養成講座2016 第13期生 第四回 6月26日(日)


ヒーラー養成講座2016 第13期生 第四回 6月26日(日)



タイトル 感想
1時限 エネルギー体・層とエネルギーセンター
Rinnさん
愛だけでなく力も大切であるという考え方は、なるほどと思いました。
インテグラルスピリチュアリティに関しては、難しくてあまり理解できませんでした。
実習はリラックスして臨むことが何より大切だと思います。
これから学習が進むにつれて、セパレーションの大切さを感じますが、自分がはたして上手にセパレーション出来ているのか、よく分からないので心配です。



オレンジ色さん
「学ぶことが沢山あるなあ」というのが本日の感想です。
感度がにぶい自分を感じ、少々焦りました。
4人の聖人の方達の光の波動と出会ったことは幸福な気持ちになり、もっと長く一人一人の方のそばにいたかったです。
イエス様のお父様の波動に出会った時、その中に溶け込んでしまった様な、一部になった様な、大変不思議な感じを受け、自分で自分に質問している様な感じも受けました。その中に混ざりあっていくうちに自分の意識が消えていきました。(眠くなったのとは全く違う感覚でした。)
 正中線を整えることは、エネルギーを地球の中心から宇宙まで(自分を通して)一本に繋げるために必要なことなのだと理解出来ました。緩めるようにしたいです。



N.Nさん
今日は、誘導されて、高次元のエネルギー体を感じました。
私は、4人の方のエネルギー体と対話をして、答えをもらいました。
その答えを大切にしたいと思いました。
それと、第一時限のテーマは関心がありました。
スピリチュアルの事が知れてよかったです。



ゆうこりんさん
<1時限>
「愛と力について」のところでは、愛を持っているだけでなく、受け取った「モノ」を適切な「力」を使って拡散すべきなのだと思いました。その時に愛と力のバランスや使い方、伝え方のスキルも一つずつ学んでいこうと思いました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの言葉や、オムネク・オネクのメッセージが、まさにこれからの世界を作っていくものなのではないかと思いました。
<2時限>
「高次元のエネルギーを感じる」では、イエス・キリスト、マリア様、薬師如来、天の父との出会いをさせて頂き、大変感謝しています。日頃の瞑想の時に見えている色(特に紫色)と同様であったことが驚きでもあり、嬉しく思いました。
<3時限>
「正中線について」骨格は「魂」を入れてくれている大切な乗りものなので、常にメンテナンスも必要であるし、正中線や丹田を意識して生活することが身体への思いやりであるのかもしれないなぁ、と思いました。また身体の意識化・イメージングはパフォーマンス向上にもつながると思いました。
<4時限>
「スキャニンング」練習していきたいです。



Y.Wさん
・高次元のエネルギーを感じる
 天界は物体は無く「パルス」=波動であるとのこと。
イエス・キリスト、マリア様、薬師如来と天の父は、それぞれ違う色の光であることを感じました。私達はエネルギー体であるということが少し理解出来ました。
・正中線と体を整える
 ヒーラーとしてヒーリングを行うためには、「エネルギーを通しやすい体」になることが大切だと思いました。正中線を意識して生活していこうと思います。
・オーラスキャン
 初めて相手のオーラを感じることができました。手が針で突かれた様な感覚でした。体の部位により感じ方が違うことも確認できました。



写真



2時限 高次元のエネルギーを感じる
写真




3時限 正中線と体を整える
写真




4時限 スキャニング2オーラスキャン
写真